オープン祝いに人気がある胡蝶蘭

新しくお店をオープンさせることや事務所をオープンさせることは喜ばしいことですが、日頃からお世話になっている人やこれまでに会社の付き合いなどがある人が新しく開業や開店することになった場合は大人のマナーとしてお祝いを贈るのが一般的です。

 

どのお祝いにしたらいいのか迷っている場合は胡蝶蘭をギフトとして贈ることをおすすめしますが、胡蝶蘭の花言葉には幸せを運んでくるという意味があり、さらに長持ちする植物なのでそれぞれが開業や開店にプラスにリンクします。

 

最近はインターネット上にあるお花屋さんでも安く質のよいギフト用の胡蝶蘭を購入することができるようになっているので、なかなか足を運んでギフト用の胡蝶蘭を買う時間がない人でも対応してもらうことができます。

 

開業や開店祝いとして渡す前に知っておくべきことが開業と開店の違いですが、本当は開店祝いなのに開業祝いとしてお花を贈るとそれがミスだと分かっても少々恥ずかしいものがあります。
開業はこれから事業や商売を始めるために使用される言葉でオフィスを構えて仕事を始める場合などに使用することが多く、一方の開店については販売やサービスを行う拠点のお店をオープンさせる時に使用することが多くなっています。

 

それぞれ祝い事であるということに違いはなく、特に間違えたからと言ってマナーに抵触するようなことはありませんが、大人になってギフトを贈る機会も増えてくるので最低限の知識として覚えておきましょう。

メニュー



> 最高級なのに40〜50%OFF【胡蝶蘭を1万円で即配】 <